また
構内の水銀灯がついたままだった。
消し忘れ。
消灯スイッチがどこにあるのかわからないので
課長に電話したけど
応答無し。

スイッチがありそうなところをさがして
適当にOFF側につまみを倒しているうちに
消えた。
構内真っ暗。
つまずいてこけて
利き手小指の爪負傷。
こういうときに
なさけない気持ちになり
泣けるんだわ。

消灯をしない人の気持ちがわからん。

正論を言うこと 胸を張って生きる事

一昨日、同じ小学校だった男性がやっているバーに行った。
同じクラスにもなったことがなく、話をしたこともない。
でも 私は顔を名前を知っていた。
行かなきゃよかった、って 思った。

私が正論を言うこと、
間違ったことはしたくない、
決まっていることをしたいと そう考え 行動することは
多くの人にとって 鬱陶しいことなのだとわかった。

ずるいことをすると 神さんが見てはる。
ちゃんとしたことをしていると それも神さんが見ててくれはる。
そう思っていた。

あねがいなくなった

姉が居なくなった。

消息を母に聞かないまま今日。
思い切ってたずねたら
NZへ行っているらしい。
精神的にまいっているとのこと。
そりゃそうだろう。
一週間ぐらいで帰ってくるらしい。
彼女の信じる方法で 勝ってほしい。
元気になってほしいと願う。

ドラマを求めているわけではない

毎日の生活で ドラマを求めているわけではない。
でも そういう風に感じられるできごとは 向こうからやってくる。
それに ただ 身をゆだねているだけ。

それがドラマティックなのかどうかはわからないけれど
でも まだ
「人生すてたもんじゃないな。」とは 思えないのが事実。